いまさらおすすめモデルグラフィックス 2008年4月号(NO.281)

模型誌
いまさらおすすめモデルグラフィックス模型雑誌『モデルグラフィックス』の中から何度も読み返してしまう、おすすめのバックナンバーを紹介する記事。最新号ではなくバックナンバーなので「いまさら」としました。早く電子書籍化してくれないかな…。

どうも、知人に紹介される際「◯◯さんもガンダム好きなので気が合うと思いますよ!」と言われると「どのガンダムなんだ?」とハラハラするapyaponです。

僕はとりあえず「ファーストガンダムが好きです」と答えるタイプなのですが、心の中で「特にZガンダム以前のMSV!」と思っているタイプ。ということで、今回の『いまさらおすすめモデルグラフィックス』はモデルグラフィックス 2008年04月号をお届けします。

モデルグラフィックス 2008年4月号の表紙

いまさらおすすめモデルグラフィックス

あなたはMSV(モビルスーツバリエーション)好きですか?僕は1984年生まれなので、当時の熱気を本の中でしか知らない完全なる後追い世代。今回のモデルグラフィックス 2008年4月号(NO.281)はMSV、特に「ザク」の魅力に取り憑かれるきっかけとなった1冊です。

「無断」でMSVに取り入れられていったこと

冒頭はあさのまさひこ氏による、元みのり書房刊『月刊OUT』編集長で『GUNDAM CENTURY 宇宙翔ける戦士達』編集人、大徳哲雄さんへのインタビュー。

「無断」でMSVに取り入れられていったこと

けっきょくアレっていうのは「お遊びのなかで創造したリアリティー」以上でも以下でもないんですと、GUNDAM CENTURYで創造したガンダムメカニクスの世界を語る同氏。いつのまにかMSVの設定に取り入れられた当時の心境について語っています。続いて…

お蔵出し資料も満載!知らなかった……!!

模型雑誌史上初!!!「モビルスーツ開発系譜」視点ではなく「ガンプラ開発系譜」視点で紐解く 完全保存版「MSVヒストリー」1981-1985へと続きます。2008年当時に「over 35世代」であれば、MG ver2.0でザク マインレイヤーがラインナップに加わった意味と価値が分かるはず。しかし、若年層には分からない。このギャップを埋めるためにMSV(モビルスーツバリエーション)、ガンプラ史に残るマイルストーン「06R」を1/100 MGザク06Rで極める副読本と題して特集が展開されていきます。

ガンプラ史に残るマイルストーン「06R」を1/100 MGザク06Rで極める副読本

完全フライング企画「もしもVer2.0 06R ライデン機が発売されたら……」

タイトル通りMSー06R2 ジョニー・ライデン専用高機動型ザクⅡが発売される以前、岡プロがMG MS-06R Ver2.0にMG Ver1.0のジョニー・ライデン機のパーツを用いて作った作例。 これがもの凄くカッコいいのです!

完全フライング企画「もしもVer2.0 06R ライデン機が発売されたら……」

特に脚裏からチラリと見える、青で塗装されたフレーム!本当にチラリなのですが、赤い機体にチラリだからこそ映える青!Ver2.0でジョニー・ライデン機を作る際に真似させていただきました。

twitter.com

ザ・コンプリート・ワークス・オブMSV

ここから改めてMSVに関する読み物が続きます。ザクのバリエーションの誕生に『GUNDAM CENTURY』や『HOW TO BUILD GUNDAM2』出版。冒頭で触れたザク マインレイヤー=ベストメカコレクション ザクのリメイク、MSX、機動戦士Zガンダムのスタートに伴う終焉と、当時の資料と一緒にMSVを振り返ります。企画に際し偶然バンダイから発見されたイラストなど、見どころ満載の特集でした。

ザ・コンプリート・ワークス・オブMSV

参考程度に各章のタイトルだけ…。

  1. 「ザクバリエーション」の誕生
  2. 「センチュリーショック」環境以降
  3. 呼び水となった「ボツMS」製品化
  4. 「1/144 06R」における革新性
  5. とどまるところを知らぬ快進撃
  6. 「リメイク精神」とMSVの失速
  7. 謎を秘めたMS-Xと「忍び寄る影」
  8. メビウスの宇宙を越えて…… 

これが2日で完成⁉︎06R制作講座

ここからは岡プロによる作例パート。整形色を活かして06Rを作るといった内容で、スパイクを尖らせる工作にランナーを使うなど「サフレス」での改造方法を紹介しています。塗装は「オーバースプレー」という手法で、整形色の下地が透けるくらいの塗装で色味を変えるというもの。この06Rも本当にカッコいいのです!

これが2日で完成⁉︎06R制作講座

その後は過去の06Rのキットの振り返り、旧キット1/144の06Rの作例、MG Ver1.0の06Rの作例が続きます。どちらもVer2.0とは違った良さがある!だからこそ理想のザクって難しいな…と感じられる内容です。僕はガンプラといえばガンダムのプラモデルだ!という気持ちが強かったのですが、今回ご紹介したモデルグラフィックス 2008年4月号(NO.281)を読んでからは「ザク!ザクってカッコいい!!ザク!!!」となったのを覚えています(笑)

MSVに興味を持ったなら…

「MSVの成り立ちを知りたいから買おう」と思った方!資料的には本特集を執筆したあさのまさひこ氏が2018年に出した『msvジェネレーション ぼくたちのぼくたちによるぼくたちのための「ガンプラ革命」』という書籍もおすすめです。

MSVジェネレーション ぼくたちのぼくたちによるぼくたちのための「ガンプラ革命」

MSVジェネレーション ぼくたちのぼくたちによるぼくたちのための「ガンプラ革命」

  • 作者:あさの まさひこ
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 単行本

その上で同じく2018年に発売された『ガンダムデイズ』という書籍も手に取っていただきたい!と。こちらはMSVの作り手側だった小田雅弘さんの著書。小田雅弘さんについて語り出すと、さらに話が逸れてしまうので割愛しますが…書籍発売時に実施されたトークショーでサインをいただけたのは良い思い出です。

ガンダムデイズ

ガンダムデイズ

  • 作者:小田雅弘
  • 出版社/メーカー: トイズプレス
  • 発売日: 2018/09/12
  • メディア: 単行本

さらにこちらも2018年に発売された書籍『MSV THE FIRST』もおすすめ!小田雅弘さんがトークショーで「良い本が出ます」とおっしゃっていた通りの内容でした。

MSV THE FIRST (双葉社MOOK)

MSV THE FIRST (双葉社MOOK)

  • 作者:双葉社
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: ムック

また、特集内で度々紹介されていた1981年発行の『GUNDAM CENTURY』については、樹想社さんにて『GUNDAM CENTURY RENEWAL VERSION』がわずか2000円(税別)で購入可能ですよ。

www.kisousha.co.jp

まとめ

MSV特集にしか触れませんでしたが、1/100 ガンダムヴァーチェ/ナドレと1/144 ティエレン宇宙型の作例も清潔感があり好きな作例です。

1/100 ガンダムヴァーチェ/ナドレと1/144 ティエレン宇宙型の作例も

その他、今はなきR3!ウォーカーギャリアのテストショットをカラー3Pで紹介しているのも印象深いモデルグラフィックス 2008年4月号(NO.281)。興味のある方は探してみることをおすすめします(2020年1月18日現在、Amazonにはありませんでした…)。

その他の作例や目次はモデルカステンのHPをご確認ください。

store.modelkasten.com

以上、モデルグラフィックス 2008年04月号の紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました